ペニス増大サプリ

勃起の仕組み

勃起とは、陰茎が硬くなって起つ生理現象のことです。
勃起すると陰嚢や精嚢も上に上がります。

勃起時の硬度が不充分だと、女性の膣圧に耐えられずに押し出されてしまうことになります。
挿入が不可能だと膣性交ができません。

また、勃起を充分に維持できないのも問題で、特にパートナーの欲求に対して応えることができなくなります。

これらのことを「勃起不全(ED)」と呼び、治療を行う必要が出てくるのです。

勃起のメカニズムは実は意外と複雑で、そのうちのどれが欠けてもEDになる可能性を秘めています。
主なこととしては、

  • 神経や血管が正常に動いていること
  • 勃起に関わるさまざまな物質が放出されること
  • 性的な刺激を受けることと、それを正常に受容できていること

上記のような事柄が挙げられます。

男性の陰茎には、左右に一対の陰茎海綿体と、その下に尿道海綿体が通っています。
勃起に関係するのは陰茎海綿体です。

海綿体は、とても細い糸のような血管が無数に集まっているスポンジ状となっていて、周りを膜が覆う構造をしています。
勃起していない時、陰茎海綿体につながる血管や平滑筋は委縮した状態にあり、血液がこの中に押し寄せる事は出来なくなっています。
栄養や酸素を運ぶためだけの血管が通っているだけの状態です。

しかし、男性が性的な刺激を受けると、脳の中枢神経が興奮し、その情報が脊髄の神経を通って陰茎へと伝わります。
その時体内では、血管の内皮細胞から血管拡張に必要な一酸化窒素が放出されます。
これが勃起のGOサインとなり、海綿体内部の血管に血流が押し寄せ、海綿体が硬くなります。
この一連の現象によって、勃起が引き起こされます。

血液が海綿体に流入することで勃起は起こるのですが、血管にある平滑筋も重要な役割を果たしています。
海綿体の平滑筋がうまく弛緩することで、血管内に血液が流入し、陰茎が硬くなります。
血管平滑筋の弛緩には「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」が深く関わっており、これが増えることで海綿体の血管平滑筋の弛緩を促します。

また、陰茎海綿体には「5型ホスホジエステラーゼ(PDE5)」も存在しています。
この「5型ホスホジエステラーゼ(PDE5)」は、射精後や性的興奮が静まった後、勃起を終えるために海綿体に存在している物質で、男性の体にとってどちらもなくてはならないものです。

セックスの際には、これらの「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」と「5型ホスホジエステラーゼ(PDE5)」が常にせめぎあっています。

ところが、セックスの際にこの「5型ホスホジエステラーゼ(PDE5)」が増え過ぎてしまうと、「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」は分解されてしまい、勃起が収束してしまいます。 これが勃起不全に繋がっていくのです。

バイアグラなどのED治療薬は「PDE5阻害薬」と呼ばれていますが、これらは「5型ホスホジエステラーゼ(PDE5)」の働きを阻害し、「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」を増やすことで勃起しやすい状態に導く薬なのです。

勃起は、このような一連の流れが複雑に絡み合って起こっています。
そのため、必要な物質が正常に分泌・放出されることが重要なのです。

EDになる原因としては、加齢や生活習慣による血管のトラブルが多くを占めていますが、心因的なものも多いです。
ペニスの大きさや、遅漏や早漏を指摘されたり、過去の失敗の経験で自信を失っているような時がそうです。
また、仕事や家庭のトラブルなどでストレスを抱えているようなときでも、EDは起こる可能性があります。
このような時は心が抑圧状態にあり、性的な刺激を受けたとしても、それを正常に脳に伝える事が出来なくなってしまうのです。

勃起力維持や増大のためには、日ごろからうまくストレスを解消できるように、心身ともに健康的でありたいものです。

トップに
戻る