ペニス増大サプリ

ドラスマ(ステンドラジェネリック)

ドラスマ100

「ドラスマ」は、「バイアグラ」に続く世界第4のED治療薬「ステンドラ」のジェネリック薬です。

ドラスマの有効成分「アバナフィル」は、バイアグラと変わらない勃起力に加え、即効性が高く、食事の影響も受けにくいと注目を集めている成分です。

近年、先発薬のステンドラはこの効果に着目され、週刊誌などでも取り上げられたり、厚労省の認可を受けたうえで輸入代行し処方を行っているクリニックも出てきているほどです。

これほどまでに人気を集める「ステンドラ」のジェネリック薬「ドラスマ」とは、どのようなお薬なのでしょうか。
ここではドラスマについて詳しく解説します。

ドラスマの特徴

ドラスマの有効成分アバナフィルは、ED治療薬として高い評価を受けています。
特徴的なのが、バイアグラと変わらない高い勃起力に加え即効性と食事の影響も受けにくい点で、特に「急に飲まなくてはならなくなった」シーンで活躍すること間違いなしです。

食事を摂った後で「いい雰囲気」になったとしても、これがあると安心できます。

一般的に、服用してから効き目が現れるまでバイアグラでは30分から1時間ほどの時間を要しますが、アバナフィルは早い人で15分ほどで効いてきます。

食事の影響を受けにくいとされていますが、脂肪分を摂りすぎると効果が減少するようです。
このことは、公式でも発表されています。

他のED治療薬でも言えることですが、やはり空腹時に服用した方がより効果が得られるようです。
あるいは、いい雰囲気にしたいデートでは食事量を調節するなどの工夫が要りそうですね。

ドラスマの効果・効能

ドラスマが含有する有効成分は「アバナフィル」で、他のED治療薬と同じ「PDE5阻害薬」に分類されます。
血管平滑筋には、血管を拡張させる作用のある物質「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」が存在しているのですが、これはPDE5によって分解されます。

アバナフィルには、この作用を阻害する効果があり、血管を拡張させ血流を促進、ペニスが勃起しやすい状態に導きます。

PDE5は陰茎海綿体のほか、肺血管平滑筋や前立腺、膀胱括約筋、下部尿路血管平滑筋などにも存在しています。
そのため、PDE5阻害薬はこれらの疾患にも利用されることがあります。
このことから、ドラスマを飲むと全身の血流に影響を及ぼすことがありますが、性的な刺激によってペニスに血流が強く流れると治まってきます。

ドラスマの服用方法

ドラスマは空腹時の性行為30分から1時間前に服用するとよいでしょう。
効果の持続時間は3~6時間です。

1度服用した後、次に服用する場合は、24時間以上の間隔を空けるようにします。

初めて服用する場合、効果を強く感じたときなどは、ピルカッターを使って半分にカットするなどの工夫もできます。
中には、強い効果を得たいがために容量を超えて服用する方がいますが、2錠や3錠飲んだとしても効果が強くなることはありません。

ドラスマの有効成分・容量

ドラスマの有効成分はアバナフィルで、容量は100mgとなっています。

ドラスマの製薬会社

「ドラスマ」は、インドに拠点を置く「レクメズ社」によって開発販売されているステンドラのジェネリック薬で、先発薬「ステンドラ」と同じ効き目のお薬です。

開発販売する現在のレクメズ社は旧社名を「スマート社」としていたため、「ドラスマ」という名前はこの社名から付けられています。
この製薬会社は、輸出国ごとに製品パッケージを作ったり、シートにミシン目を入れたり、先発薬には無かった味をつけたりと、消費者にとって使いやすく、わかりやすい工夫をしていることが特徴です。

製品開発にはインド在住の日本人が活躍しています。
レクメズ社は、ジェネリック大国のインドに拠点を置くことで、リーズナブルでありながら先発薬と変わらない効果効能のジェネリック医薬品を多数送り出している企業です。

ちなみに、ドラスマの有効成分アバナフィルは、日本の田辺三菱製薬が開発を進めた成分です。
田辺三菱製薬は、開発を進めていたアバナフィルの研究をアメリカのヴィーヴァス社に引き継ぎ、ヴィーヴァス社はこれを、パートナーシップを結んでいるイタリアのメナリーニ社を通して、アメリカでは「ステンドラ」、ヨーロッパでは「スペドラ」として販売しています。

ドラスマの副作用

ドラスマの主な副作用として、以下が挙げられています。

  • 血管の拡張に伴う血圧の低下
  • 目の充血
  • 顔のほてり
  • 動悸
  • 鼻づまり

これらは血管を広げる作用によるものとされており、ペニスに血流が流れると緩和することが多い症状です。

稀に起こる重篤な症状として、以下が挙げられています。

  • 非動脈炎性虚血性視神経症(NAION)
  • プリアピズム(持続性勃起症)

視覚異常が生じることがあります。
多くの場合は一過性で問題ありませんが、著しく視力が低下する場合は非動脈炎性虚血性視神経症(NAION)のリスクがあるため、眼科等の専門医にご相談ください。

4時間以上の痛みのある勃起症状が続くときは、プリアピズム(持続性勃起症)の可能性があります。
この場合も直ちに医師の診察を受けるようにしてください。

ドラスマの注意点

食事は影響を受けづらいとされていますが、空腹時に服用した方がより効果が得られやすいです。
食事を摂る場合でも、脂肪分に気を付けて摂る工夫をした方がよいでしょう。
また、アルコールの摂取も問題がないとされていますが、全身の血流が影響を受けるので、飲みすぎには注意が必要かと思われます。

併用禁止薬として以下が挙げられています。

  • 硝酸剤及びNO供与剤
    (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド)
  • アミオダロン塩酸塩
    (アンカロン錠)
  • CYP3A4阻害薬
    (抗真菌薬、抗生剤、抗HIV薬、テリスロマイシン、ネファンドン、ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、サキナビル、ネルフィナビル、アザタナビル、クラリスロマイシン、テリスロマイシン等)

併用注意として以下が挙げられています。

  • グレープフルーツ(果肉、ジュース)
  • CYP3A4阻害薬・誘導薬(リトナビル、サキナビル、ダルナビル)
  • 降圧剤

ドラスマの口コミ・体験談

実際に服用してみた方は、どのような感想をお持ちなのでしょうか。
体験談をうかがってみましたので、ご自身の状況と照らし合わせてお読みください。

沖縄県(29歳)

効果が出るのは早くてよかったけど、他の薬に比べて効果が低い気がしました。
しかも持続時間が30ほどで終わってしまった…自分には弱い薬だったのだろうか。

京都府(42歳)

ほぼ副作用が鳴く、効果は充分でなおかつ即効性がある。
持続時間は3時間くらいだったけど、ずっと引きずらないという点がいい。
その時だけ効果を得たいと思う人には最適なED治療薬だと思います。

東京都(32歳)

食事の後に服用したらやはり効果が薄く、中折れしてしまいました。
次は完全な空腹時に服用してみようと思います。

千葉県(29歳)

ED治療薬と名のつくものはほぼすべて試したのですが、自分にはステンドラが一番合っているようでした。
しかし、お値段がバカにならないので、このスマドラを定期的に購入しています。
即効性が高いので、いい雰囲気になったときにササッと服用。
自分の場合は、15分も経たない内に効き目が現れているようです。

神奈川県(31歳)

体力がないので、セックスの時だけ効いてくれていればいいと思い、すぐ効いて3時間くらいで終わる薬を探しててこれを買いました。
これは副作用も出ず、効き目がダラダラ続くこともなく、自分には合ってます。

ドラスマまとめ

ドラスマについて詳しく調べてみました。
即効性があって食事の影響を受けにくく、しかも勃起力が強いとなれば、使わない手はありませんね。

先発薬のステンドラを買おうとすると少々お値段が張りますが、ドラスマなら手を出しやすそうです。
デートの時「もし失敗したら」と不安に思うときも、これを財布に忍ばせておけば心強いお守りのようになるかもしれません。

トップに
戻る