ペニス増大サプリ

ザイスマ(ザイデナジェネリック)

ザイスマ100

ザイスマはアジア人に向けて製造された先発薬ザイデナのジェネリック医薬品にあたります。

第4のED治療薬と呼ばれるステンドラの次に販売されたED治療薬の中でもっとも新しい成分を配合したED治療薬になります。
ステンドラが第4のED治療薬であれば、ザイデナは最新のED治療薬と呼ぶことができるでしょう。

日本人含むアジア人向けに開発されて販売されていることから副作用も少なく、そして最も新しいED治療薬であることからこれまでのED治療薬の最終形態となるかも知れません。

これまで先に販売されてきたED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスは全て海外で開発され、販売されてきた「海外発祥」と言うことに目を向けてみてください。 どうしても成分が海外人向けになっており、日本人には副作用が強いなど懸念点が非常に多く問題もありました。

しかしザイデナはアジア人向け開発を念頭に置いて製造されているため、馴染みやすく副作用も少ないメリットがあります。

残念なことにまだ日本では未承認となっており、クリニックなどを受診したとしても購入することができません。
購入には通販サイトを使っての流れになりますが、通販サイトを使うことは処方されていない薬を購入できるだけでなく、自由診療扱いとなる高額な診察代の削減、通院の手間、そして性問題となるプライバシーを守ることにも繋がります。

そんなザイデナのジェネリック医薬品であるザイスマの服用法や注意点、実際に服用したことのある男性の口コミなどをまとめた1ページになっています。

ザイスマの特徴

冒頭でもお話ししたようにザイスマはザイデナのジェネリックにあたります。
知名度の高いED治療薬たちの中でも1番新しいED治療薬となっており、ジェネリックなのでザイデナよりも価格を半額以下に抑えて購入することが可能です。

ジェネリックなので有効成分は先発薬ザイデナと同じ「ウデナフィル」を配合しています。
白い丸型の錠剤になっており、シートに折り目が入っているなど服用者が服用しやすいように配慮した製品となっています。

用量が100mgに設定されています。
1回のセックスにおいて最大100mgまで服用することが可能ですが、初めて服用する場合には錠剤を半分にして50mg服用することで経済的に使うことができます。

ザイスマの製造販売はバイスマやレビスマなどと言った同じED治療薬を手掛けるインドのレクメズ社が行っています。

レクメズ社最大の特徴はインドに拠点を置いておきながらも現地で日本人の監修が全面的に入っていることによって、より日本人が愛用しやすいように様々な工夫が施されています。

シートに折り目が入っており、服用前段階で扱いやすく保管もしやすい特徴があります。
それに加え、製造段階の監修があるため衛生面でも心配いらずで、パッケージも日本語で表記されるなど日本製品と変わらない構造となっています。

これによってザイデナと同じ成分を持ちながらも安値で購入できるザイスマが日本人に人気となっています。

ザイスマの効果・効能

効果の特徴として、バイアグラやレビトラなどと同様の働きをする作用があります。
EDの原因となる血流の流れが悪い事を解消するため血管を拡張し、ペニス周辺に十分な血液量を集め、海綿体と呼ばれるペニスの部位に十分な血液を含むことで膨張し、勃起します。

血流が悪くなってしまうことで、EDになる原因としては糖尿病、高血圧などによる動脈硬化が挙げられています。
このような生活習慣病のよってEDになってしまっている方でも、血流改善することで勃起を引き起こすことが可能となります。

また、EDの原因として勃起時に分泌しているPED-5の存在が挙げられます。
PED-5は分かりやすく言うと永遠に勃起しないために勃起を静める効果のある体内で分泌される酵素です。

ED男性の場合には、勃起時にこのPED-5分泌量が多く、本来勃起し続けたい場合にもこの酵素が妨げになってしまい結果的に勃起を静めてしまいます。

ザイスマはPED-5阻害剤とも呼ばれ、この勃起の妨げとなる酵素を阻害することで、勃起を持続することに成功しています。

ザイスマ含めED治療薬全般に言えることですが、ED治療薬は媚薬などではないため服用するだけで勃起を引き起こすことはありません。
あくまでも性的な視覚や刺激によってまずは自分自身で勃起を引き起こし、その後静めてしまうことのないように継続させるものです。

ザイスマの服用方法

ザイスマの服用方法に関して記述します。
基本的には水、ぬるま湯どちらかで決められた用量を守って服用しましょう。

特に胃腸の弱く下してしまいがちな男性であればぬるま湯で服用することで、安全に服用することができます。

1度のセックスで最大100mg服用が可能となっていますが、50mgからの服用を始める方が効果的です。
これは用量を多く服用したからと言って、効果が倍増するわけではなく自分自身の体格などに合わせて服用することで副作用を極力避けて効果的に勃起するためです。

さらに半分にカットすれば4錠でも8回分のセックスに使うことができて、金銭面でも抑えることができます。

服用時のポイントとして「空腹時」が基本です。
確かにセックス前にまず食事を楽しんでから雰囲気を作り、そのあとにセックス。と言うのは基本的な流れになるでしょう。
しかし、成分であるウデナフィルは胃で溶けて腸で吸収する性質があります。

そのため食事によって胃の中に固形物などが入っていると、胃で食べ物と一緒に吸収してしまい効果を発揮することが難しくなります。
特に油物(天ぷら、唐揚げ、ハンバーグなど)は、油のバリアを張ることで成分の吸収を更に阻害し、意味をなさないものとなってしまう恐れがあります。

このような場合には、ご飯を食べてから2時間程度空けて服用する。
もしくは食事の前に服用し、しっかり成分を身体に馴染ませてから食事を摂るとしっかり効果を得ることができます。

ザイスマの有効成分・容量

バイアグラやレビトラ、シアリスと言った先に販売しているED治療薬と違い成分量は100mgのみとなっています。

このため100mgそのままを服用してしまうと効果が強く出過ぎてしまう場合があるため、個人的にピルカッターなどを使用し用量をコントロールしましょう。

既に書いていますが、ザイスマの成分は先発薬同様にウデナフィルになります。
血管を拡張し、血流の流れを良好にしながらEDの原因であるPED-5を阻害する働きをする成分です。

ザイスマの製薬会社

ザイスマ販売を手掛けている企業はインドに本社・工場を構えているレクメズ社と言う製薬会社です。

ザイスマだけでなく他のバイアグラジェネリックやレビトラジェネリックなども製造しており、ED治療薬だけでなく日本でも悩ましい生活習慣病の改善薬や女性の悩み特有である更年期障害に効く薬など、幅広いジャンルの製造を行っています。

起業してからの歴はまだまだ浅く10年程度となりますが、ここまで商品を世界に販売し実績を作れたのには理由があります。
それが現地に滞在して全面監修を行っている「日本人」がいるからです。

日本人が製造段階から全面監修に入っていることで、工場の衛生面を綺麗に保ちながら、日本人特有の「どうすれば世界に発信しても恥ずかしくないか?」を常に考え、お客様第一をモットーに製造しています。
そのため特に日本人が愛用しやすいように工夫されており、日本語表記であったり錠剤を小型化させるなど色々な面でジェネリックの強みを生かしています。

大半の海外医薬品であれば、製造元の言葉によって印刷されていたります。
しかしこれでは、不安感が勝ってしまい服用に躊躇してしまう場合もありますが、レクメズ社は各発送国に合わせた表記なども心がけているため、安全性が高い製薬会社と言えるでしょう。

ザイスマの副作用

ザイスマには他のED治療薬同様に副作用があります。
これはどんな薬にも存在しますが、成分が本来の働きをして効果を得ることを主作用、そしてその効果が反対に悪い場合として出る症状を副作用と呼びます。

ザイスマの副作用は比較的に軽度な物が挙げられています。
しかし副作用が強くなっていくばかりで一向に良くならない場合は服用を一時中断しましょう。

ではザイスマの副作用とはどんなものがあるのか紹介します。

  • 顔のほてり
  • 頭痛
  • 消化不良
  • 動悸

これらはウデナフィルが血管拡張することによって血流の流れが良好になるため起こる症状です。
これらの副作用以外で、重大な副作用が出る場合があります。

以下で紹介する症状が出た場合には、服用を中断して医師の診察を受けるようにしましょう。

  • 6時間以上勃起が収まらない
  • 急激な視力低下

6時間以上勃起が静まらないと言うのは、常に勃起し続けている状態を指します。
ウデナフィルの場合には、持続時間が12時間程度あるため、この間に刺激を加えることでまた勃起するので過度の心配は必要ありません。

ザイスマの注意点

副作用は紹介しましたが、次はザイスマを服用する上で気を付けたい注意点のお話をしましょう。
ザイスマは確かにEDに悩む男性に人気を誇り、特にアジア人向けに作られていることもあって日本人にも人気の高いED治療薬です。

しかし現在抱えている疾患の問題や、服用してはいけない人がいます。

以下に該当する方は、ザイスマは服用できません。

  • ウデナフィルに対してアレルギー症状のある方
  • 心臓に疾患があり、セックスが不適切だと考えられる方
  • 肝臓に重大な疾患を抱えている方
  • 低血圧の方
  • 脳梗塞や心筋梗塞などの疾患を患っている、もしくは半年以内に患った経験のある方
  • アミオダロン塩酸塩を服用中の方
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼを服用中の方

これらに該当している方はザイスマを服用してはいけない決まりになっています。
そのため絶対に服用してはいけません。

次にザイスマと併用すること自体を禁止されている薬の紹介に入ります。

  • 硝酸剤及びNO供与剤~ウデナフィルとの併用によって急激に血圧低下する恐れがあるため、禁忌に指定されています。
  • アミオダロン塩酸塩~ウデナフィルとの併用によってQTc延長が起こる可能性があります。
  • sGC刺激剤~ウデナフィルとの併用で、症候性低血圧を引き起こす可能性があります。

これらは注意すべき薬ではなく、禁止されている薬になっているので、併用はしないようにしましょう。
併用注意に指定されている薬は以下のものが挙げられます。
これらを現在服用している場合には、ザイスマ服用前に1度医師に確認することをおすすめします。

  • チトクロームP450 3A4阻害薬
  • チトクロームP450 3A4誘導薬
  • 降圧剤
  • α遮断剤
  • カルペリチド
  • グレープフルーツ

ザイスマの口コミ・体験談

日本では処方されないザイスマだからこそ、実際に服用した男性たちの生の声は非常に参考になります。
そこでここでは、ザイスマを取り扱っている通販サイトを実際に見て、ザイスマを服用したことのある人たちの口コミや体験談をピックアップしてみました。

北海道(43歳)

今までED治療薬と言えばバイアグラしか使ったことがありませんでした。
アジア圏内で流行りだしているED治療薬を知っているか?と知人から教えてもらい、ザイデナの存在を知りました。

調べてみると日本では販売されていないようで、通販サイトを使ってくれとのことだったので、ザイデナを探したのですが全く見当たりません。
サイトではそのジェネリックがあるということでザイスマを購入し飲んでみました。

確かに日本人が愛用するだけあって私の場合には副作用が一切なく、それでいてバイアグラに近い固さを手に入れることができたので、満足しています。

埼玉県(37歳)

日本にはないって聞いて正直不安しかありませんでした。
怖いなって思っていましたが、友人が何でもチャレンジしてしまう人で、俺が飲むよと実際に友人が飲んでからの効果を聞いてから購入しようと思っていました。

友人が言うには効果は少し弱めでバイアグラ、レビトラよりも弱い、シアリスよりは強いとのこと。
でも効果の効き目が一番早かったそうで20分程度で勃起すると言うことだったので、昨日注文してみました。

届くのが楽しみ。

茨城県(29歳)

レクメズ社のバイスマ、レビスマ、シアスマ全て購入した経験があります。
それぞれ特徴的な商品で勃起力、早さ、持続など色々ある中でザイスマが最高に良いと思います。
副作用も何もなくて、しっかり勃起するし一番求めているものに出会えた感じがします。

神奈川県(33歳)

効果が早く出るのはいいけど、12時間も効果持続はいらないかなw
そんな長時間セックスせんし。

佐賀県(38歳)

日本で購入できないと言う物珍しさから購入してみました。
服用してから思ったことですが、まず副作用がない!これにつきます!

正直韓国が考えた成分らしいので、あまり期待していなかったのでその衝撃に反動が凄かったです。
これからはザイスマ以外購入することはないでしょう。

ザイスマまとめ

ザイスマの成分であるウデナフィル。
従来の有名なED治療薬たちは全て海外が先駆けで販売していることもあり、海外規格で製造されていましたが、先発薬のザイデナはアジア人に向けた構造になっていて、日本人も服用しやすいように設計されています。

そのジェネリックであるザイスマも同じ効果を発揮し、かつ半額以下の値段で購入することができます。
ウデナフィルを配合したED治療薬はクリニックなどでは入手することができないため、通販サイトを使って購入すれば入手することができます。

今現在のED治療薬に何かしらの不満がある方や、副作用が不安でなかなか踏み出せない方にザイスマはおすすめと言えるED治療薬です。

トップに
戻る